最新レポート - 最新エントリー

札幌ナウⅡ

カテゴリ : 
レポート12-13
執筆 : 
kazue_t 2012-12-22 1:04
12月14日 AM6:00 起床 punch
レストランのバイキング。ツイツイ取り過ぎてしまう。
でも ここの タラモディップは美味です。特に ジャガイモのクリーム煮に添えて食すると ほっぺが落ちそうです。
今日も 幸せな1日のスタートだ
あっ 行けないバスに乗り遅れちゃう~
バスの中は貴重な睡眠タ~イム!
誰も起こさないでくだしゃいcoldsweats01

アナウンスに起こされたけど、あたりは真っ白雪景色!!
待ってたのよね・・・スノーワールドwink

AM10:00開講式。比較的暖かく感じる。風がないからかも。研修班12名。
みな年頃が同じなので安心。毎年参加組とも顔なじみで同窓会のようです。
とりあえず1本足慣らしを・・・
国際にしては気温が高いので-2度 思ったほどのパウダースノーではないけれど でも内地とは違う雪だsnow
寒くない分気持ちよく滑れる。
1本滑って研修テーマの研鑚になったら、立ち止まる事が多くなってきて・・・午前中でリフト2本

ん・・・ちょっと消化不良かも。某VSCクラブの健ちゃんなど何本も何本も激飛ばししてるぞ
しかも ここは北海道なのにsweat01

気を取り直して 午後。 同じく 研修テーマを研修中。。
制動性のプルークやら 斜滑降からの谷回り face面を意識したコントロールによる回旋、山側への落下!!??などなど 盛りだくさんの滑りを
出来る人はそれなりに、出来ない人もそれなりに研修してみました。

14:30・・・今日は確か14:30から甘酒が頂ける券をもらったはずだっ!!
先生 もう甘酒の時間ですけど~sign01
目で訴えてみてみるものだ!!はじめて意思が通じた!!

皆で 甘酒目指してテントへGOscissors

なんておいしい甘酒でしょう 喉元ごクリごくりと落ちていきます。本当においしかったですよgood
体も温まったし、今日もよく遊びました。
じゃなくて 実のある研修でした。happy01

札幌ナウ

カテゴリ : 
レポート12-13
執筆 : 
Soumu_YMD 2012-12-14 8:05
12月13日21時 千歳空港に着きました。サンタさんがお出迎えです。
心配された寒波も落ち着いた様子で30分遅れましたが視界も宜しく無事着陸

気温はマイナス7.8℃
風邪が無いのでそれほど寒さを感じませんでした!

ホテルに着き 荷物をピックアップして整理をしていたら
AM1:30!!
わ~大変 早く寝なきゃ
明日は札幌国際で研修会参加です。晴れるといいな~
みんな つよ~い!!
 低学年のジュニアも どんどん登って行きました。
 シ~ズンが楽しみですねgood



青山倫大

家族で山頂まで登りました。
大きな岩がゴロゴロしていて 滑ったけど
頂上に着いた時の達成感は最高でした!!


中西大成

僕は下社まで「女坂」にトライしました。
「男坂」に比べて急さはなかったが、登っている時間が
「男坂」より長く感じた


佐藤 和

去年は、兄弟3人で男坂から登ったけど 今年は
お父さん、お母さんと3人で女坂に挑戦しました。男坂より楽に登りました。

伊藤光星

去年も今年も男坂を登りました。
汗をいっぱいかいて 足がシンドイと思ったけれど、
来年は山頂を目指します。

大山安全祈願珍道中

カテゴリ : 
レポート12-13
執筆 : 
kazue_t 2012-12-7 21:32
レポート作製 関谷 美緒子さん


市川隊長の呼び掛けのもと、大山登頂組に参加させて頂きました。

薄曇りの中、相模原を出発!予報では、午後より雨。
…なぜか車は横浜へと向かっています。ハンドル握るは普及部長。
ワクワクした気持ちはだんだん不安な気持ちへ…。


すぐに軌道修正をはたし、順調に進む車。

大山が見えてきました!上の方に少し雲がかかっています。
…が、右手に大山を眺めながら、一向に到着しません。

後方へと流れていってしまう大山…何があったのかは、私には書けません。


果たして頂上は踏めるのでしょうか?
笑いすぎで、すでにお腹が筋肉痛です。

やっと登山口へたどり着き、急いで登り始めます。
別車隊の姿はもうありませんでした。
女坂を登りきり、そのまま頂上への道へ。
急勾配が続く険しい山道。
さすがにアルピニストMも辛そうです。
速い…ペースが速いです。青山家のジュニア達もどんどん登って行きます!

...続きを読む

安全祈願に参加して

カテゴリ : 
レポート12-13
執筆 : 
kazue_t 2012-12-7 20:31
レポート作製 恩田 彩さん




2012年11月11日、今オフシーズン最後の行事、大山安全祈願が開催されました。

実はお恥ずかしながら、私は今回初参加…(協会に10年以上籍をおきながら…)。

どんな感じなのか、少しドキドキしながらの参加となりました。

この行事はオフトレも兼ねているので、多くの人が登山を楽しみながら、大山阿夫利
神社を目指します。

ただ、ケーブルで登山口から神社まで上がれるので、体力脚力に自信のない人も安
心!なのです。



この日はあいにくの曇り空でしたが、ちょうど木々が色づき始めていて、山がとてもきれい!

山上からは海まで見渡せます。

大山阿夫利神社自体も初参拝な私は、その立派さにびっくり。

荘厳な雰囲気の中、神主さんに今シーズンの安全を祈願していただきました。

背筋がしゃんと伸びて、これからシーズンに入っていくんだなぁ、と気持ちを新たにしました。



今シーズンもみんな事故なく怪我なく楽しいスキーができますように!!
山上からは海まで見渡せます。

大山阿夫利神社自体も初参拝な私は、その立派さにびっくり。

荘厳な雰囲気の中、神主さんに今シーズンの安全を祈願していただきました。

背筋がしゃんと伸びて、これからシーズンに入っていくんだなぁ、と気持ちを新たに
しました。



今シーズンもみんな事故なく怪我なく楽しいスキーができますように!!

大山安全祈願

カテゴリ : 
レポート12-13
執筆 : 
kazue_t 2012-12-2 18:46
11/11(日)大山阿夫利神社にて、各種事業の事故防止と皆様の安全と健康を祈願して参りました!!


当日は、薄曇りの少し寒い日でしたが、オフトレーニングを兼ね下社までハイキングをする組、山頂を目指した健脚組、ラクラク紅葉見物のケーブル乗車組に分かれ 神社を目指しました(13クラブ 96名の方々の参加を頂きました)

オフトレ参加組は 男坂・女坂分岐のお堂前に9:30集合!
降水確率50%だったので どのくらいの方が参加なのか心配
でしたが、大人38名、ジュニア13名が集合!
ジュニアチームの高校生によるストレッチ体操を行い 健脚組は男坂、ゆるキャラ組は女坂を それぞれ下社に向かい登って行きました。

途中 紅葉していれば「紅葉の回廊」を潜り抜け 大山寺の石段を登るところでしたが、まだ 紅葉には少し早すぎました。残念.(._+)☆ 一休みして また登り始めます。
この先は 少し 急な山道になるので 気合を入れて一番最後から登頂!
段々 無口になっていくのは 皆も一緒ね!!
もうひと頑張り 美味しい お汁粉が待っている(^O^)v

・・・やっと着きました。こんなに汗をかいたのはひさしぶり。皆さん 既にお茶屋さんでくつろいでいました!!
おやおや 副会長 喉ごしスッキリですね!!
それにしても 嬉しそうなお顔

神社では神主様の澄みきった祝詞をありがたく拝聴しながらスキーの安全を祈らせて頂きましたよ~
これで 今シーズンも皆様が安心してスキーができますように!!
参加された感想をレポート頂きましたのでUPしますね!

皆様も 楽しい思い出どしどし投稿下さ~い^_^v

青少年海外スポーツ交流inCANADA

カテゴリ : 
レポート11-12
執筆 : 
aoao 2012-4-18 17:51
相模原市・トロント市友好都市20周年記念事業 スキー競技 少年海外スポーツ交流事業訪加団として3/29~4/4の日程でカナダを訪問いたしました。団長、副団長以下、役員3名、団員11名、相模原市から随行職員2名の計18名での訪問となりました。

団員もスキー協会Jrチームから、中学1年~中学3年までの男子7名の女子4名の計11名(5クラブ)が参加いたしました。

今回に向けてスキー協会でも起案から約2年間、準備を行ってきました。今シーズンは夏場のトレーニングから団員皆さんも積極的に参加いただきコミュニケーションを図ってまいりました。

3/20相模原市教育委員会、体育協会始め皆様より壮行会を開催いただきました。
本事業の趣旨としては
『アマチュアスポーツの普及、振興と青少年の健全な心身の育成の為、スポーツを愛好する青少年を広く海外に派遣する』
ということで、団員皆さんも"カナダでの文化交流"、"友情交流などを積極的に行う"などの志を持って参加いただいたようです。

3/29市民会館より皆様に見送られながら、いざカナダへ出発となりました。

海外へ渡航するのが初めての団員の方も多かったので、成田→(14時間)→トロントは緊張の連続ではなかったかと思います。入国審査もトラぶりながらも巧みな英会話?でようやくクリアで団員皆さんもほっと一息といった感じでした。

本日はトロント市内にあるBest Western Primrose Hotel Downtown-Torontoでの夕食、宿泊となりました。

現地3/30、訪加団最初の行事であります。学校訪問の為、Sir Alexander Mackenzie School
を訪問いたしました。
訪問時に在校生のJazzバンドの演奏に迎えられ、盛大にセレモニーが行われました。
セレモニーではAlison校長先生より歓迎の言葉をいただき、団長より英語で挨拶を行いました。
各団員はHostStudentと顔合わせの後、それぞれの教室で一緒の授業を受けたり、校庭でサッカーを行ったり、校内でのランチを挟んで交流を楽しんだ様子です。
役員も校内を案内いただき、団員皆さんの奮闘ぶりを見学いたしました。午後は地元Jazzバンドの演奏会もあり、充実した時間を過ごせました。
訪問の後は、トロント市内(TORONTO TOWER,市役所,etc)見学後、ナイアガラに向かいました。

本日はナイアガラ近くのThe Oakes Hotel Overlooking The Fallsでの夕食(Apple Bee)、宿泊となりました。
夕食後、ライトアップされているということで、夜のナイアガラを見学に行きました。
雨は降ってなかったのですが滝のしぶきでみんなびしょ濡れでした。
(気候のせいか、次の日にはすっかり乾いていました。)

現地3/31、ナイアガラ観光を行いました。
(北アメリカ五大湖のエリー湖から同じく五大湖のオンタリオ湖までのナイアガラ川にある滝、
カナダ滝、アメリカ滝、ブライダルベール滝からなる。)
ナイアガラの発祥地点(約10Km下流)まで、途中の発電所、発電所跡、地層などの説明を受けながらバスで見学した後、ワールプール(渦巻き)の観光用ケーブルカー「ワールプール・エアロ・カー」のカナダ側折り返し地点をバスを降りて見学しました。
またバス見学後はカナダ滝を滝壺、裏側からなど間近で見学しました。雄大な自然を間近に見て、団員皆さんもすごく感動していたようです。

昼食前には日本語OKの『北極』さんでのお土産タイムでした。初めての買い物タイムでしたので、こちらが心配するぐらい買い物をしていた方もいましたが・・・皆さんお土産を購入して楽しかったようです。
昼食はSHERATON ON THE FALLSで滝を見ながらのビュッフェでした。景色も良く豪華な昼食で大満足でした。

昼食後、アメリカとの国境に掛る『レインボーブリッジ』を歩いて見学しました。50セントを払ってカナダを歩いて出国、橋の中央に国境があり、アメリカの手前まで皆さんで渡りました。
高さ約50mで下をのぞくと"ぞっ"としますが、海で囲まれている日本人には国境を歩いて渡る感覚がないので、なかなか新鮮でした。橋からはすべての滝を一斉に見ることで出来、再び大自然に感動でした。
橋をカナダ側に戻るとカナダに再入国です。皆緊張の一瞬でした。

ナイアガラ観光後は一路トロントへ本日中にバンフ(カルガリ)へ移動です。
国内線で4時間、カルガリ到着後はバス約2時間の移動でした。今日の夕食はバンフに向かうバスの中で『幕の内弁当』です。久しぶり?の日本食はかなり好評でした。

本日はBanff International Hotelでの宿泊になりした。最終日まではこちらのホテルにお世話になりました。

現地4/1、いよいよスキーです。天気は快晴です。
本日は訪加団の2つ目の行事になります。スポーツ交流:現地スキーチームの子供たちとの交流です。
場所はバンフ、レイクルイーズスキー場です。午前中は現地スキーチームの子供たちと一緒に滑走、昼食は一緒にビュッフスタイルでサンドイッチをいただき、昼食後はタイムレースを行いました。
昼食時には、日本より持参したプレゼントの交換を行いました。
和物のプレゼントを皆さん用意していたようですが、喜んでもらったようです。
特にコマ、けんだまなどの遊び道具はすごく興味を持った様子で、その場で遊び始めてかなり盛り上がり交流の手助けになったようです。やり方の見本を見せてあげたいところでしたが、団員皆さんも緊張のせいかけんだまは乗らず・・・コマは回らず・・・でしたが、同じスキーを楽しむ同志和気あいあいとした時間を過ごせた様です。
午後のタイムレースはカナダっ子さすがでした。午前中は皆ファットスキーを履いていましたが、GS用に履き替えてきてました。団員の皆さんも大変健闘したのですが、1位はカナダっ子に・・・やっぱり負けると悔しいです。

夕食はDancing Sasquatchでアルバータ牛のステーキでした。個人的にアメリカ大陸の人は"筋が多い肉が好き"の印象でしたが、全然柔らくて美味しかったです。
バンフは非常に治安が良いということで、夕食後は外出OKの自由時間となりました。皆さんスケジュールの関係もあり、なかなか街を見て回る事もなかったので楽しんでいたようです。

現地4/2、今日もスキーです。天気は本日も快晴です。バンフ、サンシャインスキー場でガイドさんにゲレンデを案内いただきながら滑りました。
かなり滑りました。団員皆さんもやっぱりスキーだと生き生きしているように感じられました。
ガイドさん曰く『久しぶりにガっつり滑りました。』との事。最近は年配の方が多いので、スキーもゆったりスキーが多いそうです。
やっぱりスキーは楽しい!!そしてカナダにピース!!

夕食はMelissa's Restaurant and Barでトラウトのステーキでした。色が色でしたので"サーモン"?と聞いたのですが、"トラウト"ということでした。
ちょっと納得いってないのですが・・・夕食の前後は外出OKの自由時間となりました。

また、非常に天気が良かったので、"オーロラ"が見られるかもということでしたので、皆さんでホテルに戻ってから夜空を見上げてみましたが、残念ながらオーロラは見られませんでしたが、冬の時期は晴れていればほとんど見られるとの事。少し時期がずれていたようです。

現地4/3、いよいよ帰国です。
出国審査はないので、みんなリラックスして出国出来ました。カルガリ→(10時間)→成田 無事着きました。
相模原までの帰りのバスで解散式を行いました。それぞれ感想をいただきましたが、感想を伺っていて、"非常に楽しかった"、"勉強になった"という感想が多くありましたが、口々に親御さん、準備いただいた方々への感謝の言葉も聞けて非常に嬉しく、そして頼もしく感じました。

あっという間でしたが、団員皆さんにとって"非常に良い経験になった""素晴らしい仲間が出来た"のは間違いないと思います。
次の日からは中学校の始業式、高校の入学式ということで、また緊張した忙しい毎日を過ごされていると思いますが、この一週間の経験が『Action"行動"』なればと思います。

市民スキー

カテゴリ : 
レポート11-12
執筆 : 
aoao 2012-1-14 11:40
1/6-9第2回市民スキーを開催いたしました。
今回も毎回ご好評いただいております万座温泉スキー場での開催でした。
大人47名子供12名講師8名で総勢67名で万座での開催時は毎回お世話になっております万座温泉ホテル日進館さんにお邪魔いたしました。
初参加の方も含め昨年よりも多くの方にご参加いただき嬉しい限りです。

今回もスキー講習会の他、級別テストとタイムレースを実施いたしました。級別テストに合格した皆様おめでとうございます。ご縁がなかった方はまた一緒にがんばりましょう。
タイムレースは万座山コースにて行いました。大人32名子供8名の出走がありました。
結果発表会前後に土屋講師の辛口解説付きビデオ上映会も行いました。みなさん実際の滑りを見ると納得しますよね~
また一緒にスキーがんばりましょう。

また今回は60歳代後半で初めてスキーをされる方にご参加いただきました。"ハの字でスイスイ滑る"とはいきませんでしたが、楽しく講習をいただいたようです。
我々講師も先輩のがんばられる姿に脱帽でした。
ぜひまたご参加いただければと思います。

最後の夜は近畿日本ツーリスト神奈川さんのご厚意により、参加者の有志の方と後懇親会を行いました。
その中で講師対抗の発表も行い、ちっちゃい先生が"ポチ"任命となりました。毎回のことながら非常に盛り上がって楽しい会となりました。ありがとうございました。

閉会式では恒例のシーハイルです。
殺気立った中(^_^メ)見事1級に合格された内田さんの掛け声で締めくくりました。

来年も開催を予定しておりますので、是非ご参加ください。

A指定合宿初日

カテゴリ : 
レポート11-12
執筆 : 
snowman 2011-12-17 20:03
平成24年度雪上行事最初のA指定合宿が、本日12月17日(土)から18日(日)アサマ2000スキー場にて行われております。初日は強化部・普及部・総務部など15名が参加しました。天気は晴れ気温は氷点下と言う文句なしの雪のコンディション、しかも今日から1コース増えて3コースでの滑走となりました。おかげで去年よりコース上の混雑は少なく、思う存分滑走できました。ただレストランは大混雑でした。初日は怪我も無く無事終了しました。

スポーツフェスティバル

カテゴリ : 
レポート11-12
執筆 : 
gaku 2011-10-22 18:19
10月10日(月)に体協行事のスポーツフェスティバルに参加しました。麻溝公園競技場で行われ、市内の様々なスポーツ競技の祭典で、サッカーやラグビー、アメフトのプロ選手との交流やニュースポーツの体験コーナーなど様々なブースがあり、子どもたちは楽しく活動することができたようでした。