最新レポート - 最新エントリー

第18回相模原ジュニアスキー大会

カテゴリ : 
レポート 10-11
執筆 : 
gaku 2011-1-8 0:06
年末年始合宿の中の行事で1月1日に行われました。
天気等の心配もありましたが、当日は天気もよく、絶好のコンディションで大会を開催することができました。
25名のジュニアが参加し、参加者全員が完走することができました。
ご協力いただいた大人の方々に感謝いたします。
ありがとうございました。

リザルトはこちら↓↓↓
http://www.sagamihara-ski.com/modules/downloads/index.php?page=singlefile&cid=32&lid=60

ホームページ リニューアル

カテゴリ : 
レポート 10-11
執筆 : 
 2010-12-12 15:20
12月12日日曜日の午後、総合学習センターにてホームページのリニューアル作業をしました。
講師の方の丁寧なご指導のもと、8名で、がんばりましたdash
皆さま、今シーズンもどうぞよろしくお願いいたします。

2010ジュニア大会

カテゴリ : 
レポート 09-10
執筆 : 
admin 2010-1-4 0:30
執筆者: gaku (10:46 pm)

2010年最初の大会、第17回ジュニアスキー大会が行われました。
毎年、年末年始合同合宿の中で行われるこの大会ですが、今年は大雪の中、コースを作るのが大変でしたが、役員や子供たちの保護者の方々など多くの人のご協力をいただき、無事開催することができました。毎年2本、大回転を行っていますが、このような状況でしたので、1本勝負ということになり、子どもたちも気合の入った滑りを見せてくれました。

安全祈願レポート

カテゴリ : 
レポート 09-10
執筆 : 
admin 2009-11-11 0:30
執筆者: snowman (11:07 pm)

日時 平成21年11月1日
場所 大山阿夫利神社
参加者 12クラブ
66名
新年度の相模原市スキー協会の各行事と、協会員の健康、安全を祈願しました。
今年は、会長が所用で参加できませんでしたが、名誉会長、副会長はじめ、12クラブ66名の協会員が大山阿夫利神社に行き、協会の行事や会員の健康、安全を祈願してきました。当日はうす曇りで日差しの優しい日で、歩いて下社まで登った協会員も、暑すぎず、心地よい汗をかくくらいの良い天候でした。御祈祷の際にも、寒くて震えるようことはありませんでした。
昨年から改修の話がありましたが、御祈祷の申し込みが社殿横の建物の中に変わり待合室も改修されて、ソファーが置かれていました。御祈祷の時も、椅子に座って受けることができるようになり、足がしびれて前に出るときに恥ずかしい思いをしなくてよくなりました。

第16回ジュニア大会リザルト

カテゴリ : 
レポート 08-09
執筆 : 
Soumu_YMD 2009-1-5 17:00
執筆者: gaku (1:06 am)

2009年1月1日に「第16回ジュニア大会」が長野県戸隠スキー場で行われました。小学生から高校生まで27名の参加がありました。みんな合宿の成果が出せていたように思います。

スキーフォーラム2009 

カテゴリ : 
レポート 08-09
執筆 : 
Soumu_YMD 2008-11-20 17:00
執筆者: koba (8:03 am)

平成20年 11月8日(土)18:30~ ソレイユさがみ セミナールーム2


○佐藤 拓也氏 の講演
●ご自身がたどって来た基礎スキー上達の道程
出身は平塚の雪なし県で両親がスキーをしていたので物心ついたころには
スキーを履いていたそうです。スキーがうまくなりたいと強く思ったのが、中学生のころ
平塚のスキークラブで級別テストを受けたのがきっかけで,今まで一番滑ったシーズンは
300日くらいでそのときはスキーがうまくなるためにトレーニングや食事にいたるまで気を配ってっていたそうです。その次のシーズン以降からスキー技術の幅も広がり県技選でもトップの成績をおさめるようになって現在のSAJデモンストレーターに至ったそうです。
●スキー技術の幅を広げる
今、スキースポーツの幅は広がっているたとえば、カービング、アルペン、テレマーク、バックカントリ、フリースタイルとさまざまなジャンルで広がっているが、スキー技術のを見てみると、ほとんどのスキーヤーはスキー技術が狭くなっていると感じられる。スキー用具の性能の進歩によってカービングスキーが支流になっている。スキー技術の幅が狭い上級者はカービングの滑りはすごく上手なのに悪雪や急斜面のコブ斜面の小回りをさせてみると同じ人とは思えないぐらい滑れなくなってしまうスキーヤも少なくはないようです。やはりいくらスキー場の整備や機能が拡大して滑りやすいバーンが増えたとはいえスキー場にはいろいろな条件の雪やバーンがあります。スキーをずらす技術にも目をむけ練習することによってスキー技術の幅も広がりアイスバーンやコブ斜面などもっと楽に滑れるようになるそうです。
●パネルディスカッション
 これだけは聞きたいスキー技術
今回、初の試みでパネルディスカッション形式で30分程度行いました。
参加者の中から5,6人の方にパネラーになっていただいて、講演の聞く一方の雰囲気とは違い
少し砕けた、和やかな雰囲気で行うことができました。参加者にはとても好評でした。

スキーフォーラム2008

カテゴリ : 
レポート 06-07
執筆 : 
 2007-11-15 16:40
執筆者: YAMASHITA (8:59 pm)
スキーフォーラム2008 平成19年 11月9日(金)19:45~ ソレイユさがみ セミナールーム2



○沢田 敦 氏 の講演
講演内容としては、現在のスキー場。または、スキー学校の現状をお話しして頂きある意味大変に興味深いお話を頂きました。
1時間という制限された短い時間の中だったため、あっという間に時間になってしまいました。色々な引き出しを持っている方なので。
次回にこういった機会があれば、技術的な解説、又、プロフィールでもあるように整体の資格も取得していらっしゃるということなので、
現在のスキー界を表現して頂けるなら、多くなったシニアスキーヤー等の体のケアーの方法等のお話をして頂けたらと思います。



○沢田 敦 氏 プロフィール
1958年 青森県生まれ
身長 172センチ、体重 74キロ、血液型 O型
使用スキー・フォルクル、ブーツ・テクニカ

青森県鰺ヶ沢スキースクール代表・佐藤久哉、中田良子両デモの師匠
東京都町田市で「オフィス・サワダ」開設

1977年 東奥義塾高等学校卒
1979年 全日本選手権大会 GS優勝
1980年 レークプラシッド冬季オリンピックSL 15位
1980年 シュラッドミング世界選手権SL 17位
1984年 競技引退
1986年 全日本スキー技術選手権大会出場
1988年~1996年の8年間 SAJデモンストレーターとして活躍
2005年 東京療術学院 整体師養成本科卒
      東日本療術師協会 整体師資格取得

執筆者: snowman (10:27 pm)
今年の活躍が評価され最優秀選手賞をもらった小山貴史です。これまでお世話になった相模原市スキー協会にこれからもお世話になります。僕も少しずつ大人になっているので、これからは相模原市スキー協会に貢献出来るよう頑張ります。これからもよろしくお願いします。(2007.6.16 納会にて)

執筆者: snowman (10:12 pm)
アガペスキークラブ、八木翔子です。市民選手権大会では最優秀選手賞という素晴らしい賞をいただき、どうもありがとうございました。私のスキーは相模原から始まっています。今年で大学も卒業となり、登録も相模原に戻るので今まで以上に相模原市スキー協会にはお世話になってしまうことと思いますが、それ以上に相模原市スキー協会に貢献出来るよう努力していきたいと思っておりますので、これからもどうぞご指導のほどよろしくお願いします。(2007.6.16 納会にて)

準指導員検定会

カテゴリ : 
レポート 06-07
執筆 : 
 2007-3-5 17:10
執筆者: koba (8:37 pm)
 3月2日より4日までの平成18年度(SAJ19年度)神奈川県スキー連盟主管の全日本スキー連盟 凖指導員検定会に普及部Y常任理事と行ってきました。
コンデション,ロケーション供に最高の中で、受験されている方々は各々一生懸命、合格を目指して頑張って滑っていました。

 昨年より単位制度が導入されたのは知っていましたが、それを執行するとなると県連の対応も大変だと思うし、何より合格率が落ちると、感じました。
もちろん、以前から実力は当然あるのに、当日に自分でも満足行く滑りが出来なく、厳しい評価が下され、涙を呑んだ方々を沢山見てきましたし、また別に1種目、2種目は苦手だがその他の得意の種目で挽回して合格されるパターンも目にしてきました。

 本年、相模原からは4名の合格者が出ました。合格率が他の協会、県連平均と比べて、どうなのかは分かりませんが、合格された方おめでとうございます。
しかし、これはゴールではありません。新しいスタートとして次のステップに向け精進をお願い致します。残念ながら手の届かなかった方。お疲れさまでした。
今すぐ、来年の事を考えなくても良いと思います。落ち着いたらもう一度、自分のスキー人生に於いて、このつまずきを整理するにはどうかと再考して、時間とお財布と相談して結論を出して下さい。

 別に、説教するつもりではありませんでしたが、本年の皆さんの頑張りを無駄な時間にしない為にも、前向きな回答を願って止みません。
来年度も、相模原市スキー協会は皆さんを出来るだけバックアップします。
                   普及部  K
アルバムに当日の写真をアップします。